CONCEPT of MUSECEDE

MUSECEDE

 CONCEPT

   コンセプト

MUSECEDE - ミューゼシードとは?

MUSECEDE(ミューゼシード)は MUSE と SECEDE を合わせてできた言葉です。
MUSE とはもちろんギリシア神話にでてくる音楽の女神のことです。
SECEDE は「分離する」という意味で、これは19世紀末のウィーンにおいてクリムトらが起こした芸術運動である
SECESSION (分離派=ゼツェッション)の語源となった言葉です。
ただ伝統的でアカデミックなものだけを盲信するのではなく、
時代に即して本質的なものを見つめていこうとする、そしてそれを自主的に行なおうとする考え方が
SECESSION、SECEDE の意味するところです。

そしてミューゼシードとは?

ミューゼシードは、若い音楽家のネットワークです。
将来有望な若い音楽家たちへの演奏の場の提供、
そして一般の聴衆への身近なクラシック・コンサートの提供を目的として、
MUSECEDEは1990年10月にスタートして以来、活動を続けています。
コンサート・シリーズとしては、これまで
1994年よりサントリーホール[小]でのコンサート・シリーズ
同じく1994年より明治記念館の〈サロン・コンサート〉シリーズ
1996年より安田生命ホールでの〈ハーティ・コンサート〉シリーズ
1998年より銀座王子ホールで〈世紀末、そして〉シリーズ
2001年より銀座王子ホールでの〈アルジャン・サロン・オーケストラ〉シリーズ
などを行ってまいりました。
現在は2001年より始まった毎月ムジカーザで開催されているソロ・室内楽シリーズ
〈ミューゼシード・イン・ムジカーザ〉、
そしてオーケストラ公演、オペラ公演を行っています。
音楽監督は飛鷹佑依です。

ページの先頭へ